●20150201

今日は、ベッドの上で寝て起きてを繰り返していたら夜になって、ご飯を食べたくなったので米を買いに行きました。

近所のドラッグストアまで足を運び、5kgの米とシューマイとトイレスタンプを買って帰り、早速買った米を米びつに入れようとしたら、既に満タンに入っていました。

どうやら、米を炊かなさ過ぎて、存在を忘れていたようです。

驚きましたが、よく考えてみると、確かに数ヶ月前に買った記憶があります。最初は面倒くさくて炊いていなかっただけの筈が、いつの間にか「無いから炊いていない」にすり替わっていたのです。玄関の横の、毎日視界に入る場所にあったのに、完全に無い物として扱っていたので気付きませんでした。人間とは、不思議なものです。

そんな訳で、炊かなさ過ぎて存在を忘れるようなものを、10kgも所持してしまいました。

でも、今度は大丈夫です。何しろここに書きましたから。完全に忘れ去ることはありません。こういう時にも、ブログは役に立ちます。

覚えていた上で炊かない可能性はありますが、そこは気持ちで乗り切っていきます。




●20150208

少し遅れた話題ですが、最近、飲食店での異物混入が頻繁に起こっているようです。

僕も少しは気にしますが、それでも外食は便利なので今まで通り食べに行っています。先週は、自分の家でも醤油差しから虫が出てきたので、ある程度は仕方ないとも思っています。

思っているのですが、もし物凄く大きい虫や虫以外の何かおぞましい物が入っていたら、その時は怒らないといけません。こういう場合、すぐに全力で怒るのが肝心です。なので、最近はご飯を食べながら頭の中でシミュレーションしています。割と無意識に始まっていて、店員とのやり取りが白熱してきた頃に我に返ります。もちろん、その間ご飯は無表情で食べています。

いつの日か、このシミュレーションが役に立つ日が来れば良いのですが……。




●20150211

明日は休みで気楽なので、久しぶりにカラオケに行ってきました。

一人で行ったので、受付では人差し指を1本立ててから会員証を提出します。それから、機種の説明などを焦り気味に聞き流し、マイクを受け取り、部屋へ向かいます。後からやって来た家族の子供達がはしゃいでいましたが、見向きもせず真っ直ぐ歩きます。

部屋に入ると、手早く注文を済ませ、選曲しているふりをしながら飲み物の到着を待ちます。待たないと、歌っている途中に突入されて気まずい思いをするのです。

飲み物が届いたら、いよいよ歌い始めます。僕はいつもthe pillowsの曲だけを歌うのですが、今日はチャレンジ精神を発揮して、別の曲も歌うことにしました。以前のレンタルで何も借りずに帰ったように見せかけて実は借りていたJUDY AND MARYの曲を選び、機器に送信します。しかし、曲が始まってから、サビ以外ほとんど覚えていないことに気付きました。出だしの部分から既に記憶に無くて、「クラッカーとチーズとワイン?え?」という状態で歌い出し、サビを待たずに演奏を中止しました。褒めるところが何一つ無い酷さで、それに応えるように、採点機能は記録的な低得点(33点)を叩き出しました。僕は思わず、取り繕うような笑みを浮かべます。どうやら、修行が足りていなかったようです。

その後は、自らを慰めるように、歌い慣れた曲だけを選び続けました。歌い慣れていても決して上手くはないのが悲しいですが、多少気が晴れました。

終了時間になると、レジに他の客がいない事を祈りながら部屋を出て、サッと会計を済ませ、飴を貰って帰りました。以前は1個しか貰えなかったのですが、今回は鷲掴みで渡され、数えたら5個ありました。理由はよくわかりませんが、ラッキーでした。




●20150212

こんばんは。

今日は仕事の休憩中、上司に「昨日は何してたの」と話しかけられました。昨日は休みだったので、どこかに出かけたりしたのか、という話題ですね。実際、僕は漫画を買ったり腕時計を見たりカツカレーを食べたりしていたわけですが、その時は会話をするのが面倒で、「何もしてません」と答えました。すると、「何もしてないことないでしょ」と言われます。確かにそうなのですが、やはり面倒なので「いや、何もしてません」と返します。「そんなわけない」と何度か追及されましたが、全て「何もしてません」で押し通しました。これは機嫌の悪い中学生が親との会話を拒む時に使うテクニックですが、大人になっても、やってやりました。そして、後になって少し後悔しました。成長しないのは、悲しいものです。

inserted by FC2 system